忍者ブログ
Admin*Write*Comment
Turn to the front
[24]  [16]  [11]  [17]  [2]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10/某日

司法書士さんへ最後の支払いに行きました。
残りの費用は、二万ちょっとでした。
三万ちょっとかな?と記憶していたので、四万円を封筒に用意して行ったから、とっても助かりました。
ちょっと得した気分。嬉しいです。
今まで司法書士さんへは、任意整理のつもりでお金を払っていたので、名目上は預かり金でした。
しかし、そのお金は、報酬と申立費用実費の支払いに振り替えられる事になりました。

結果、気になる(多分みなさんが気になると勝手に思ってますが)費用は、
・司法書士報酬 ¥189.000
・破産予納金      ¥10.290
・収入印紙代      ¥1.500
・他実費           ¥2.980
           合計¥203.770 でした。

先日届いた裁判所の書類も持参したので、先方ではコピーしていました。
「一回目の審尋があると思ってたのに、よく免責時の一回で済んだね。」と言われてしまいました。
「この時に、何か聞かれますか?」と質問すると、
「特に何も聞かれないと思うよ。時間もそんなにかからないしね。」という事でした。
本当にこれで順調に進んでいるという事なんでしょうか。
まだまだ分かりませんねと、私だけは思っているのですが。


裁判所からの通知は、下記の二通でした。(参考画像
□審尋期日呼出状
(免責に関する審尋期日が定められたので同期日に出頭して下さい。という内容です。)
□決定
(主文 債務者○○につき、破産手続きを開始する。
    本件破産手続きを廃止する。
    理由・・・という内容です。)


今日で司法書士さんへの用事は何もなければ最後になります。
今月は、何度も何度も来所してしまいました。
自分が不安だったので、少しずつ書類が用意出来る度に足を運んでしまっていたのです。
書士さん、すみません。

司法書士さんもほっとしたのか、ニコニコスマイルでした。
そういえば、初めて書士さんのいい笑顔を見ました。

このケースだと一回目の審尋は無いはずと思ってもあったり、このケースは審尋があるケースだなと思っても呼ばれなかったりと想像に反する事があるらしいです。
結局は、担当する裁判官によって違うらしいです。

 

これからも、節約に努めて収入を増やすように売上げを増やすように仕事をしていきます。
おかげさまで主人と会社の借入残高も減っています。こちらの方は、着実にしっかり返していけそうです。頑張るぞ!
そして、まだ先の話になりますが、貯金もしていきます。
何かあった時に対応できなくなってしまいますからね。

とりあえず、やっとここまで進んできました。かなり気持ちが晴れやかになってきました。
睡眠もちゃんと取れています。
おかげさまです。ありがとうございます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
返せる、絶対返す、何が何でも返すと思ってキャッシングを繰り返してきました。 なんとかせねばと前を向いて歩き出すために、選択したことを綴っていきます。
  • カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  • 最新CM
[07/23 ニューホープ]
[06/29 みつひろ]
[06/27 みつひろ]
[06/25 みつひろ]
[06/17 まさ]
  • 最新記事
  • ブログ内検索
  • リンク
参考にさせていただいたサイトをご紹介します。■は資料情報サイト・●は実際に体験していらっしゃる方のブログです。
  • 最新TB
トラックバックされる場合は、コメントで報告して下さい。お手数ですが、お願いします。
  • プロフィール
HN:
chuchu
性別:
非公開
  • バーコード
  • アクセス解析
  • カウンター
Copyright © Turn to the front All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]